RYOTA.Y

RYOTA.Y Webマーケティングコンサルタント

一橋大学卒業。新規事業立ち上げや海外での起業経験を経て、Coreに入社。
入社後最短で役員に就任し、現在は社内のマネジメントを行いながら全取引先のWebサービスにおける成長戦略を描くトップコンサルタント。

コンサルタントとは
最善の選択肢を追求すること

コンサルタントとして、お客様の課題点や事業戦略をヒアリングし、
Coreが持っている知見や調査分析力を活かして解決していくお手伝いをしています。
デジタルマーケティングの世界は変化のスピードが速く、複雑化・多様化が急ピッチで進行しています。
お客様が抱えていらっしゃる課題点や要望はさまざまですから、
「この施策さえ実行すれば、必ず成果が出る」という単純な図式は存在しません。
ただノウハウを切り売りする提案ではなく、
ロジカルで深い思考を積み重ね、お客様が採るべき最善の選択肢は何なのかという本質まで追求して考えることを、
コンサルタント全員で取り組んでいます。

RYOTA.Y

矢面に立つ、責任とやりがい

お客様の中には大手企業も多く、サービスを利用しているユーザーは膨大な数に上ります。
それだけに、Coreの施策によってお客様のサイトの利用者数が数倍に増加したり、事業収益が大幅に上がったりと、大きな影響を与えることが可能です。もちろん、その分、責任も重大です。
さらに一人のコンサルタントとして言えば、お客様のビジネスモデル全体を視野に入れた、深い思考に基づくご提案を行い、それが認められると、継続的にご指名を頂けるようになります。
プロフェッショナルとして認められることはプレイヤーとして、とても光栄なことです。
お客様と直接コミュニケーションを取る仕事なので、プレッシャーや責任は大きく感じますが、その分、やりがいがあります。

目的を達成する方法だけを考え続ける

目的を達成するためには、まず実現すべき理想像を設定して、そこから逆算してタスクを細かく分解し、できることとできないことを明確化することが大切です。
その上で、ゴールまでのロードマップを作成し、戦力的に不足しているところにはリソースを補いつつ、Coreの強みを活かせるところはリミッターを外して全力を傾注することで、最速での目的達成を実現しています。
そのため、メンバー間で打ち合わせをするときも、無駄を極限まで排除した、本質かつ率直なコミュニケーションを徹底しています。
他の企業と同レベルの取り組み方で満足していては、Coreの成長は中途半端なところでストップしてしまうでしょう。
もちろんルールの遵守やコンプライアンスの徹底が大前提ですが、不可能を可能にする突破力がベンチャー企業の魅力ですし、Coreにはそれを実現できる優秀なメンバーが揃っています。

RYOTA.Y

現場から起こせる
イノベーションがある

お客様とのやりとりの中で気づいた課題点や発見からイノベーションを起こしていくことをとても大切にしています。
例えば、Googleのアルゴリズム定期調査プロジェクトは、経営陣からの指示ではなく、お客様のWebサイトを丹念に分析する中で必要性を感じ、自主的に立ち上げたものです。
こうしたイノベーションが、メンバー同士の議論の中から自然発生的にいくつも立ち上がっていくのがCoreの強みであると言えます。
また、会社の急成長を肌で感じながら仕事ができる点も刺激的です。
Coreという大きな城を築くべく、自分たちの力で土台から一つずつ積み上げている感覚を覚えます。

日本のWebマーケティングの発展を支える
中核メンバーを輩出したい

コンサルタントというポジションで成果を出せるプレイヤーは、Webマーケティングの知識や経験はもちろん、プロジェクトマネジメント(PM)や営業力に優れている人が多く、そうした能力は日々の業務の中でさらに磨かれていきます。
Coreは今後、コンサルティング事業だけでなく、さまざまな新規事業を立ち上げていきます。
高い突破力とプロジェクトマネジメント能力を兼ね備えたトップコンサルタントたちには、そうした事業創出においても中核メンバーとして活躍してもらう予定です。
Webマーケティングの歴史に名前が残るくらいの仕事を、一緒にしていきましょう。

INTERVIEW社員インタビュー